陰部の気になる臭い|わきがクリームを使って嫌な臭いを予防しよう!

わきがクリームを使って嫌な臭いを予防しよう!

女性

陰部の気になる臭い

お尻

臭いの原因と特徴

きちんとお手入れをしていても、デリケートゾーンの臭いが気になって仕方がない。このような悩みを抱いている女性は少なくないのではないでしょうか。人体のワキや陰部、乳輪、それに耳の中やへその周りにはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺が多く存在します。その内のアポクリン汗腺から出る汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分と、皮脂腺から分泌される脂肪酸が混ざり合い、それを皮膚にある常在菌が分解する際に独特の臭いが発生します。この臭いは医学的には陰部の場合は外陰部臭症、通称すそわきがと呼ばれていて、ワキガと同じような臭いを放ちます。一般的に女性は男性よりもアポクリン汗腺が多く、皮脂脂肪により汗腺が活発なので、ワキガやすそわきがの割合は女性の方が多いと考えられています。特に体調不良や生理中、性行為の際に臭いが強くなる傾向があるので、女性にとっては大きな悩みの一つと言えるでしょう。

臭い対策と食事療法

臭いの主な原因は皮膚にある雑菌なので、デリケートゾーンを清潔に保つことが特に大切です。刺激の少ないすそわきが専用の石鹸を使用して、しっかりデリケートゾーンを洗浄しましょう。それと強い殺菌作用のある軟膏などは膣内の有益な細菌まで殺してしまうので、絶対に使用は避けましょう。また、人体から発せられる臭いと食事は密接な関係があります。普段摂取する食物で、すそわきがの臭いを抑えるものがある一方で、逆に強くさせてしまうものがあります。肉や乳製品には動物性タンパク質や脂肪が多く含まれていて、これによりアポクリン汗腺の分泌活動が促進されて臭いを強める原因になります。梅干やメカブ、ワカメといったアルカリ性食品に含まれるアスパラギン酸は、臭いの元となるアンモニアや脂肪酸を抑える働きがあります。更に、アルカリ性食品を食べることで、血液と汗が酸性化し塩分濃度が上がって、臭いの原因となる雑菌が繁殖するのを防ぐ効果があります。すそわきがはキチンと対策をして、体調や食事に気をつけることで臭いを軽減することができます。日頃から規則正しい生活を送り、バランスの取れた食事を取るよう心がけましょう。また、すそわきがに対応した専用デオドラントクリームを塗るのもおすすめです。なかでも臭いを抑えてくれるイソプロピロメチルフェノールが含まれているクリームが効果的だとされています。